こどもの日

未分類

解体工事ならおまかせください!株式会社十興業です。

今日はこどもの日。

こどもの日は、端午の節句の日でもあります。子どもたちみんなが元気に育ち、大きくなったことをお祝いする日です。

もともと5月5日は「端午の節句」で、男の子の健やかな成長や幸せを祈って、お祝いをする日でした。1948年に、5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日と決められてから、端午の節句の日が、こどもの日にもなったそうです。そのため本来は男の子のための日だったけれど、今では子どもたちみんなをお祝いするようになりました。子どものお祝いだけじゃなく「お母さんに感謝する」という意味もあったのですね。

端午の節句は、奈良時代から続く伝統行事のこと。もともとは病気や災い(悪いもの)をさけるための行事だったそう。その行事のために使っていた「菖蒲」が、武士の言葉や道具に似ていることから、だんだんと男の子の行事になっていったという話があります。

どうしてこいのぼりを飾るの?

「鯉」という魚は強く、流れが速くて強い川でも元気に泳ぎ、滝をものぼってしまう魚。そんなたくましい鯉のように、子どもたちが元気に大きくなることをお願いする意味が込められています。五色の吹流しは、子どもの無事な成長を願って悪いものを追い払う意味が込められているようで・・・。

GWもあと少しで終わってしまいますね。皆様よい休日をお過ごし下さい。